ドラゴンクエスト11攻略Wikiはこちら!
ドラゴンクエスト8(3DS版)攻略Wikiはこちら!

改造ユーザー判定

TOP

現在、公式サイトや雑誌などの各種メディアで、改造したプレイヤーとの通信は危険であると警告されています。
このページでは、プレイヤーの各要素から改造ユーザー(チーター)であるかを判定する方法や基準を記載します。
一部ネタバレも含みますので閲覧の際はご注意ください。

2010/07/16をもって全要素が解禁されました。

改造確定

特定道具・装備品を2つ以上所持

  • 下記の道具や装備品を2つ以上所持している場合は改造。
  • マルチプレイにて、Wi-Fiショッピングの品揃えを改造して下記の物を売ってる人を確認。買わないように。
    アギロホイッスル
    各種秘伝書
    竜戦士のよろい、竜戦士のかぶと、竜戦士のこて、竜戦士のブーツ
天使の装備やさびついた装備、コスプレ装備、各種転生の証、ドラゴンローブなどの装備品は、Wi-Fiショッピングでの販売歴があるので複数所持もありうる。
防具のページ、希少なアイテムのページも参照。
「ようせいの杖」はクエスト095をクリアする前に杖を装備したキャラをルイーダの酒場に預けることで返さずに済み、2つの所有が可能。3つ以上所持していたら黒

特定のアイテムを所持している

  • 以下のアイテムは1つでも所持していれば改造。上記同様にマルチプレイにおいてWi-Fiショッピングで売られていても買わないこと。
    • デバッグ用アイテム
      • 「ぜんめつの石」および「ミミックの石」はソフト開発中のデバッグ用アイテムであり、通常プレイでは絶対に入手できない。
    • マルチプレイ用のアイテム
      • マルチプレイをしていない時、またはホストの時に「おわかれのつばさ」を持っている。

上級職のキャラがいるが、転職に必要なクエストをクリアしていない

本編クリア前に転生をしている

  • マルチプレイでクリア後の世界を訪れたとしても、転生をすることはできない。

プロフィール設定関連

  • ありえない職業
    • 呼び込んだ際の職業が「むしょく」「しゅごてんし」「アルバイト」になっているプレイヤーを確認。
      • しゅごてんしは主人公の初期職業だが、ストーリーを進める(すれ違い可能になる時には)と強制的に旅芸人になるのであり得ない。
    • 自己紹介時、称号/現在の職業の代わりに実在する特定の職業も選択可能。なお、主人公の性別による違いはなく、例えば男主人公でも『お母さん』『お姉ちゃん』『メイド』、女主人公でも『お父さん』『お兄ちゃん』『しつじ』などを選択することは可能である。ちなみに、ゲーム内での職業は下画面右上で確認すること。
  • かたがきが「      」(空欄)
    • 本来取得不可能な性別限定称号を設定している可能性がある。
    • ♀の場合『背中で語る男』『伝説の紳士』は女性用の名称は設定されておらず、名称は空欄になる。♂の場合は『ツンデレラ』『社交界のバラ』の2種類。
  • プロフィールの生年が1869年以前
    • メッセージの年齢で確認できる(年齢公表している場合)。プロフィールの生年は現在(DS本体の時計の日付)の年よりも130年前から現在の年迄の間で設定出来る。DSの時計の日付を2000年に合わせることにより生年を1870年に設定することが可能である。しかしDSの時計は1999年以前に合わせることは出来ないため、1869年以前生まれは改造確定である。
      • 以上は自分のDS本体の時計が合っている前提。時計が狂っている場合はそれを元に再計算すること。
    • 2100年以降の場合も改造であるが、生年月日が未来の日付の場合、年齢が一律0歳になるため、セーブデータを解析でもしない限りわからない。
  • 誕生日がありえない日付
    • 例えば4月31日など。
    • 2月29日生まれはちゃんと生年が閏年でないと設定できないようになっているため、平年生まれの場合改造である。これは年齢非公開の場合判別できない。
      • ただし、閏年の判別は4で割り切れるか否かだけで行っているため、1900年は平年であるにもかかわらず、2月29日生まれに設定できる。これは存在しない日付に設定できる唯一の例外である。

性別限定コスプレ称号を取得できない方の性別で取得している

  • 以下のコスプレ称号は、旅芸人の証無効の性別限定装備品を含むため、異性では取得できない。
    上記と異なり、なぜか男女両方に称号が設定されている。
    • 男限定:『モヒカン武闘家』(ハッサンのコスプレ称号)
    • 女限定:『ムチムチ魔法使い』(ゼシカのコスプレ称号)、『情熱の踊り子』(マーニャのコスプレ称号)

クリア称号「錬金レシピ研究家」

  • 取得条件の設定ミスにより、取得不可能なクリア称号
  • この称号の獲得条件は「錬金レシピコンプ率が30%以上」だが、30%にするには最低137種類の錬金をこなさなければならず、これは「錬金回数120回以上」の優先度が高い別のクリア称号の条件を満たしてしまう。

クリア称号を複数持っている

  • クリア称号は1つしか獲得できない。

称号を持っているが、その称号獲得に必要な条件を満たしていない

  • 例えば、プレイ時間が100時間未満なのに「大志を抱く旅人」、戦闘勝利数が99以下なのに「草原のそうじ屋」、超+職業名の称号を主人公のその職業が転生0かつLv98以下で持ってるなど。各称号の獲得条件についてはこちら参照。
  • 高レベル地図クリア称号、高レベル魔王撃破称号を持っているのにその称号獲得に必要なレベルのクリア済地図を1枚も持っていない(例えば、「最強洞くつ覇者」なのにLv99のクリア済地図が1枚もない)場合は、以前持っていたが捨ててしまった可能性も考えられるため、改造とは断定できない。
  • 全滅回数については内部でカウントしているだけで表示されない。しかし、ある程度進んでいて全滅回数が0の場合、戦歴画面を開くとサンディのメッセージが専用のものになり、それが表示されているにもかかわらず称号が全滅回数に関するものだった場合は改造確定である。

戦歴のデータ、パーセンテージがおかしい

  • 錬金回数数十回で「錬金作成コンプ率100%」や、戦闘回数が極端に低く、モンスターリストコンプ率が高いパーセントだった場合など、通常のプレイではありえない数値を表示しているプレイヤーは改造している。
  • 獲得称号数は最大で男性が412、女性が413。それを超える値を示していれば、改造。

アギロホイッスルを持っているが、クエスト達成数が0

  • 「幻の巨大魚を追え」はアギロホイッスルの入手に必要。
    • クエスト達成数が0になったバグ報告あり。その場合は達成数や会話メッセージを確認しておきたいところ。

固有仲間キャラクター関連

  • 「イザヤール」は入力できない名前であるため、同名の別キャラがいる場合改造確定。
  • ルイーダ、ロクサーヌ、リッカ、イザヤールの名前、体型等が変更されている
    • これらの項目をあとから変更することはできない。
      • ただし、「ルイーダ」「ロクサーヌ」「リッカ」という名前はキャラを作成する際、入力できるため、同名の一般キャラの可能性もある。
        この3人はリッカの宿屋内で主人公の後についているか否かで確認できる。
      • 髪型・髪色については、コスプレ装備に注意。
  • イザヤール(リッカ、ロクサーヌ)が仲間になっているのに、リッカ、ロクサーヌ、ルイーダが仲間になっていない
    • 下記の派生。ロクサーヌはルイーダ、リッカはロクサーヌ、イザヤールはリッカが仲間になるクエストクリアが発生条件のため。
    • 先ほどと同様、「ロクサーヌ」、「リッカ」は同名の一般キャラに注意。

名前やメッセージに漢字や英数字など入力できない文字を使用している

  • DQ9では名前やメッセージ入力で文字を漢字に変換する事は絶対にできない。
  • 名前には現代仮名遣いで使われるひらがな、カタカナおよび「ー」「.」「…」「?」「!」の5種類の記号が使用でき、メッセージにはこれらに加え「♪」「★」「。」「♥」の4種類の記号とスペースが使用できる。
  • ただし、2010年7月11日に発売された海外版とすれ違った場合、名前とメッセージが特定のものになり、その内メッセージには漢字が含まれている。
    • 名前は「えいご」でメッセージは「ハロー! きみは英語がはなせる? 英語がはなせれば せかいじゅうの たくさんのひととはなせるようになるよ」

メッセージに使用できない言葉が含まれる。

  • 「ち○こ」や「ま○こ」など下品な言葉、「ころす」などの脅迫するような言葉がNGワードに設定されている。
  • 「う○こ」や「しね」などはOK。疑わしい言葉は実際に入力して確かめてみよう。もちろん試した後はメッセージを戻しておくことを忘れずに。

入力できない名前

  • こちらのキャラ名をキャラクターに使用している場合は改造。
    当該ページの下にあるのは入力できる名前なので、くれぐれも注意したい。また、「ン」を「ソ」に変えるなど似た文字で代用している場合もあるのでよく見て確認すること。

本来装備できない装備をしている

  • 武器、盾のスキルが100になっていないのにデフォルトで装備可能でない職業で装備している
  • オノ、ハンマー、弓、ブーメランを装備しているが、それらが装備可能な職業へ転職可能になっていない
    • これらの武器をデフォルトで装備できるのはすべて上級職である。例えばオノを装備するならバトルマスターレンジャーに転職する必要があり、クエストNo.103かNo.112をクリアしていなければならない。
      一般職で装備するには、一度は上級職に転職してこれらの武器スキルを100にしなければならない。
      また当然ながら、転職が可能となるまで、ストーリーを進めている必要がある。
    • クエストクリア数0でこれらを装備していればその時点で改造確定である。
  • 盾以外の防具を、本来装備できない職業のキャラが装備
    • 例えば、戦士のよろいを戦士以外の職業が装備している、僧侶がしんわのよろいを装備しているなど。盾以外の防具は武器と違い、スキルにより装備制限が解除されることはない。各防具の装備可能職業については防具のページ参照。
    • 戦士のよろい+まがんのぼうしなど、同時に装備可能な職業が存在しない装備の組合せの場合、職業を確認しなくても改造確定である。
    • 目視して判別する場合、似ている装備品に注意。特に腕、足装備は目視するのは困難である。例えば、しんかんのグローブ(僧侶専用)、さとりのてぶくろ(賢者専用)、バーバラのグローブ(全職業で装備可能)を目視で見分けるのはほぼ不可能である。マルチプレイでは「つよさ」で参加者全員の装備を名称で確認することができる。
  • 主人公以外が主人公専用装備品を装備
    • 該当するものは、天使の服、天使のタイツ、天使のブーツ、竜戦士のよろい、竜戦士のかぶと、竜戦士のこて、竜戦士のブーツ。
  • 異性の装備をしているが、装備しているアクセサリーが旅芸人の証でない
    • 旅芸人の証を外した時点でその時装備中の異性装備も強制的に外される。
    • 各装備の性別限定については防具のページ参照。メイド服などは男女兼用であることに注意。
  • 旅芸人の証で無視できない異性装備を身につけている
    • こちらに反して装備をしている場合は改造。

主人公以外がルーラ、おうえんを修得している

  • これらは主人公専用呪文、特技である。

主人公の順番が2番目以降

  • パーティ編成は必ず主人公が先頭になり、動かすことはできない。

一つなぎのストーリー配信クエストが順番どおりにクリアされていない

  • 例えば「ベクセリアのなぞ」をクリアしていないのに「名をうばわれし王」をクリアしている場合など。

マルチプレイで、ゲストがすでに全配信クエストを受信済にもかかわらず、「新たなクエスト」が発生

  • ホストは間違なく改造。感染を防ぐため、ゲストはセーブせずに電源OFFしましょう。
  • セーブしたら感染者になる。感染者も改造データをゲストに渡してしまうから必ず電源をオフにしよう

Wi-Fiショッピングの品物、価格、在庫数、ロクサーヌのセリフが改変されている

  • 正規のものについてはこちら参照。在庫数については極端に多い場合(2桁など)、疑いましょう。
  • 特に、通常プレイで有限個数しか手に入らないものや、入手不可能なアイテム(デバッグ用アイテムなど)はマルチプレイのときに絶対に買わないこと。
    入手可能な個数を超えて所持したり、入手できないものを所持していると、通常ではありえないデータとなってしまい、改造とみなされてしまうからである。

キャラのサイズ、外見がおかしい

  • 巨大化していたり、等身バランスが異常、顔が無い、透明、男女のパーツが混合している、主人公や作成キャラにルイーダ等の固有キャラのパーツが使われているなど。

スキルを順番通りに取得していない。

  • 例えば、メタル斬りを覚えているのにドラゴン斬りを覚えていないなど。各スキルの覚える順番についてはスキルのページ参照。
  • 今作では、スキルポイント振り分け以外で覚える特技は、主人公専用の「おうえん」(イベント)と秘伝書の特技のみ。

スキルを取得しているが、そのスキル取得に必要なスキルポイントが振られていない

初クリア時データの数値のうち、現在の戦いのきろくの数値よりも大きいものが一つでもある

  • 戦歴の初クリア時データで表示されるものは、プレイ時間、戦闘勝利回数など、一度増えたら減ることのないものばかりである。

カンスト値を超えている数値がある

  • 例えばHPやMP、各ステータスが1000以上、ふくろの中の同一種類のアイテムが100個以上、残りスキルポイント数が2601以上、振られているスキルポイントが101以上、各パーセンテージに100%を超えるものがあるなど。表示は枠からはみ出したりマイナスの数値が表示されるなどおかしくなっている場合が多い。
    • 錬金時に表示される素材アイテムの所持数については、パーティメンバーの所持数とふくろの中を合計したものであるため、最大で131個(4人×8個+ふくろの中99個)迄ありえることに注意。

地図の更新者と配布者の名前が違う

  • 地図はクリアしないと配布できない。クリアした時点で更新者は自分の主人公名になるため、配布可能な地図は更新者名=自分の主人公名になる。主人公の名前(通常変更不可)または地図の更新者名を改造で変更したか、あるいは未クリア地図(更新者名が自分の主人公名になる前の地図)を更新者名そのままでクリア済みフラグを強制的にONにしたことが考えられる。
  • 確認する場合は、受け取った直後でないと誰が何を配っていたかわからなくなってしまうので注意。

通常行けない場所にいる

  • 例えば、デバッグルームや、クリア後の世界(データ)での天使界など。

戦闘時の異常な動作

  • ある呪文を使用できる職業以外で使用、あるいは覚えるレベルに達していないのに使用
    • 例えば魔法使いがホイミなどを使用、僧侶がメラなどを使用、戦士が呪文全般を使用するなど。 今作では転職した場合呪文を持ち越せない。また、呪文が使える職業であってもその呪文を覚えるレベルに達していないのに使った場合も改造である。(たとえ転生していたとしてもLv1に戻れば忘れる)
  • 他の武器の特技を使用
    • 例えば剣で一閃づきを使用したなど。
  • ひっさつ状態でないのに必殺技を使った
  • 1ターンに複数回行動
    • 例外はやまびこのさとり効果中での呪文2回のみ。
  • 毎回会心の一撃
    • 2〜3回程度なら偶然でもありうるが、10回や20回連続ならほぼ確実に黒だろう。

獲得経験値がおかしい

  • 通常よりも遥かに多い経験値が入る、レベルが違うのに経験値が均等に分配されるなど。
    • マルチプレイ時はホストに戦闘処理等の計算を任せているので、ゲストにもこういう改造コードの効果が及ぶので注意。

移動時の異常な動作

  • 障害物をすりぬける
  • 敵シンボルにぶつかってもすり抜けて戦闘にならない
    • 例外として、バグにより特定の敵オンリーフロアで「くちぶえ」を使った後は、敵にぶつかっても戦闘にならないことがある。
  • 洞窟内など屋内でルーラをつかっても頭をぶつけない

通常とは違うBGMが聞こえる

  • 例えば、雑魚戦なのにボス戦のBGMなど

味方や敵のステータスが通常ありえない状態

  • HPが0なのに「しに」でない。
  • 常にやまびこのさとり、常にスーパーハイテンション、常にひっさつ、常にパラディンガード状態など状態変化が固定されている
    • 戦闘開始直後から状態変化している、敵のいてつく波動で消えるはずの効果が消えない、死んでから生き返っても消えない、何ターン経っても消えないなどで判別可能。
  • ダメージを受けてもすぐに全快する
  • ステータス異常になってもすぐ回復、死んでもすぐ生き返る
  • 呪文やMP消費する特技を使ってもMPが減らない
  • ある状態変化に完全耐性のある敵がその状態になっている

改造、もしくは感染者

「改造している本人」または「感染者」と「すれ違い通信」や「[[マルチプレイ>リッカの宿屋##p9a5852c]]」をした結果、感染した人も含みます。

レベルが0または100以上の地図

  • 明らかに規格外であり、使うと何が起こるかわからないので、もしすれちがい通信で受け取ったら即捨てること
    ソフト開発中の没データとしてダークドレアムの地図のみLv0の地図が存在するが通常プレイでは絶対に入手できない。
    ダークドレアム以外のLv0地図および、すべてのLv100以上の地図は使うと確実にバグります

特定の魔王以外の名前の地図

  • 通常プレイで入手可能な魔王の地図以外、キャラやモンスターの名前つきの地図は出現しない。
    まさゆきの地図などの愛称と混同しないように注意。

改造可能性高し

プレイ時間が非常に長い

  • 発売から7年以上経過した2018年07月15日現在、プレイ時間9999時間(約417日)は、発売日から1日約6時間稼動程度。 やり込み具合次第ではありえる数値となりつつある。

ほぼ全ての数値がカンストしている

  • 戦歴のデータ、アイテムの個数、各キャラのステータスなど。
  • オーソドックスな改造ではあるが、ステータスはたね・きのみを途方もなく与えることで999にすることは可能。
    ただし、複数職業で全ステ999は常識的にはありえない。
    • 「つよさ」でキャラクター個人表示の際に十字キーの左右を押すと、現在就いている以外の職業のステータスを確認することができる。
      マルチプレイなら参加者全員の強さを見られる。
  • アイテムのカンストは、その入手難度やプレイ時間から判断する必要あり。ただし、カンスト困難なアイテムは今となってはほぼ無いと思われる。 入手難易度の高いレアアイテムが99個参照。

プレイ時間が非常に少なく、全職業で★(転生10回以上)や残スキルポイントが4ケタ

  • プレイ時間が極端に短い場合(プレイ時間2桁台など)黒の可能性ありと言える。そうでない場合、実現は容易。

プレイ時間よりも、マルチプレイ時間が長い

  • 通常時はプレイ時間のみが増え、マルチプレイ時には両方の時間が増えるので、基本的にプレイ時間の方が長い。
    すれ違い通信時はプレイ時間が進まず、アンテナが立った一瞬だけマルチプレイ時間が(プレイ時間も?)進むとも言われているが、個人プレイしかできない時期があることも踏まえればマルチプレイ時間の方が長いということは普通無い。

可能性低し

以下の事項は改造でなくとも十分起こりうる事象。ただし、数字が大きすぎるなどの理由で疑われることはある。

ストーリー中のボスを複数回倒している

  • マルチプレイによる再戦が可能。
    • 暗黒皇帝ガナサダイの第2形態から参加すれば、第1形態の討伐数が増えずに第2形態が増える。
    • 但し、ブルドーガだけは絶対に一度しか戦えない(マルチプレイが可能になる前の段階のボスであるため)ので、ブルドーガが2回以上なら黒
      クリア前にブルドーガの2ページ目が見られる場合も黒(ブルドーガの段階で、「みやぶる」が使えないため)。

ガナンのおうしゃくを複数所持している

  • マルチプレイで暗黒皇帝ガナサダイと再戦すれば、ドロップアイテムのガナンのおうしゃくを再び獲得できる。
  • 過去のWi-Fiショッピングでも売り出されていた。
    • 改造確定となるのは、暗黒皇帝ガナサダイ第2形態の討伐数が99以下で、かつおうしゃくの所持数が討伐数を下回る場合である。

全く同じ地図を複数枚持っている

モンスターの討伐数よりアイテムのドロップ数が多い

  • ぬすむ、オートぬすむで重複取得すると、討伐モンスターリストにも取得した数だけ記録される。
  • 盗んだあとに逃げたり全滅したりした場合もドロップアイテムは加算されるので、討伐数1でドロップアイテム99ということも可能。

戦闘勝利回数が少ない、低レベルなのに結構な武具を装備している、など

  • 戦闘勝利回数30回以下でクリア可能。
  • アイテムの入手とレベルは工夫次第でどうにでもなる。
  • 戦闘勝利回数30回で自力入手したバラモスの地図を配ることも可能。
  • 今作はマルチプレイやWi-Fiショッピングにより、この種の低レベルクリア系のハードルが低い。
  • 明確にチートと言えるのは、旅芸人転生なしレベル4以下ですれ違い通信をしている場合くらい。
    • セントシュタイン到達前に必ず戦わなくてはならないブルドーガから得られる経験値により、最低でもレベル5に達してしまうため。

最強の防具(素材含む)を数個持っているのに「宝の地図」クリア回数がその個数に満たない

すれ違いで貰った魔王の地図に討伐ターン数が記載されていない

  • 地図のクリア時にレベルを上げると、討伐ターン数がリセットされ(新たなレベルでは、討伐していないため)、討伐ターン数が記載されていない状態になる。
    • 1000ターン以上をかけて倒した場合も、討伐ターン数が記載されないことが確認されているため、
      「Lv1魔王で討伐ターンの記録なし」というのも不可能ではないが、
      現実的には「Lv1魔王で討伐ターンの記録なし」は他のレベルと比べて、改造の可能性が高い。

異性の装備をしている

  • 旅芸人の証を装備すれば可能。
    • ただし、こちらの装備は証が無効であり、それらを異性が装備している場合は改造
  • 各装備の装備可能な性別については防具のページ参照。メイド服など女性専用のようで男女兼用なものもいくつかあるので注意。なお、武器、盾、アクセサリーには性別限定は一切無い。
  • 同様に、男主人公で一部女性キャラコスプレ称号取得も可能。
    • 該当するものは「ムーンブルク王女」、「うるわしき占い師」、「天空の幼なじみ」、「天空のおじょうさま」、「天空のおネエちゃん」、「ゴスロリ僧侶」、「美少女妖精」。
    • 他は性別限定装備を含まないため、男主人公でも旅芸人の証が不要で早期の取得もありうる(ミレーユ等宿王クエストが絡む場合は、相当数のクエストをクリアする必要がある点に注意)。ゼシカの「ムチムチ魔法使い」、マーニャの「情熱の踊り子」は旅芸人の証が無効なため男主人公で取得していれば改造。
    • 女主人公の場合、旅芸人の証があって初めて取得可能になる称号は無い。

クエストの受注日時、クリアした日時が発売日(追加クエストの場合は配信日)より前、あるいは未来の日付

  • その時にDSの時計が正しく設定されていなかった可能性がある。
    • ただし、DSの時計に設定できるのは2000年1月1日〜2099年12月31日であるので、この範囲に無い場合は改造

同じ名前のキャラが複数

  • キャラ作成の名前入力のとき、主人公および既に登録されているキャラと同じ名前は入力可能である。
    • クエストで仲間になるルイーダ、ロクサーヌ、リッカの名前も入力可能である。ただし、髪型や顔まで彼女らと同じキャラがいるなどは改造である。
    • イザヤールは入力不可であるため、クエストで仲間になるイザヤール以外はありえない。そのためこの名前のキャラが複数いたら改造。

錬金大成功時の装備を数多く所持しているが、通常錬金時の装備がおしゃれカタログに一つも載っていない

  • 確率を100%操作できる方法が確立されたので可能性は低くなった(裏技を参照)。
    • それでも、改造の内容としてポピュラーなものであることには違いないので、戦闘勝利回数や素材防具を落とす敵の討伐数、錬金回数などに注意した方がよい。
    • バックアップツールを使用した可能性も考えられる。それを改造とみなすか否かは自己判断で。

※注意

以下のような人とすれ違ったりマルチプレイをしたり、そういう動画を見たりしてもすぐにチートと判断しないこと。

主人公orメンバーの装備がすべて最強装備

よくこれでチートチート言う人がいますが自力で頑張っている方もいます。
地図を最大限活用し、慣れてくれば最強武器をいくつも作る事はさほど困難なことではありません。
ただ、チートプレイヤーほど最強装備で統一したがる傾向が強いのも確かではあるが…

高レベル魔王地図の討伐ターン数が2〜7ターン以内

5〜7ターンなら、やりこめば比較的簡単に達成可能です(伝説の勇者も参照)。
YouTubeニコニコ動画に竜王やエスタークLv99を2ターンで撃破した動画があります。
これは試行回数と運、そして努力で可能です。
しかし、1ターンは確実にチーターです。

低レベルの魔王地図(Lv1など)の討伐ターン数が1ターン

種ドーピングで攻撃力999(デスタムーアの場合はMP999)なら、特殊な戦法で1ターン討伐可能。
ただし種集めの関係上、極端にプレイ時間が少ない場合はオーソドックスな改造を用いている可能性があります(裏技やマルチプレイの可能性はある)。

  • はやぶさ斬りコンボ型
    前提:攻撃力999(攻撃力999になるなら武器は上位系でなくても構わない)
    ミラー/リフレクトアーマー・ひかりのタキシード/ドレスや戦士の秘伝書などがあると多少楽になる。
  1. 弱点フォースを使う。
  2. ほしくずのつるぎ系を装備してはやぶさ斬りを使う。
    • ここで守備力低下効果を2回出す必要がある。
  3. はやぶさの剣系を装備してコンボで繋げる×2
    • ここで合計2度以上会心の一撃を出す必要がある。
    • (2〜4人目ではやぶさの剣系+もろば斬りもOK、会心の一撃が1度以上必要)
    • マダンテ型と違って準備だけでなく作戦実行中も運の要素が強い。
  1. 弱点フォースを使う。
  2. 賢者3人でマダンテを使う。
    • マダンテはフォース有効(*1.65倍)
    • 敵HP7400程度までなら可能。いずれにせよ種ドーピングは必須。
      光の壁による反射やカウンターも考慮するなら理論上は全ての魔王で可能。

入手難易度の高いレアアイテムが99個

  • たね・きのみ、ときのすいしょう、各オーブ、しんかのひせき、Wi-Fiショッピング限定のレアアイテムを99個持っているユーザーは多少警戒が必要。 但し、いずれもWi-Fiショッピングで購入可能な(あるいは可能だった)ので、マルチプレイでの裏技で無限に増やせるので、現在ではそう難しくない。マルチプレイ時間が0なら疑わしくはなる。
    • 一部のたね類は安定して入手できる方法が確立されている。
    • また、中断技超必殺技・魔王育成を頑張っているユーザであればレアアイテムをカンストさせる事も可能。
      同様にオーブは魔王討伐・育成に勤しんでいる人がいるので各99個そのものは大変ながらも疑う部類ではない。