ドラゴンクエスト11攻略Wikiはこちら!
ドラゴンクエスト8(3DS版)攻略Wikiはこちら!

ダメージについて

TOP

ダメージ計算式

物理攻撃

  • 物理攻撃のダメージの計算式は以下。
    ダメージ基本値 = ( 攻撃側の攻撃力 / 2 ) - ( 防御側の守備力 / 4 )
    ※ドラクエシリーズの他の作品と同様。
    • ダメージはランダムに増減します。増減量は最大で基本値の±1/16 (約6%)。より正確には
      最大ダメージ増減量 = ダメージ基本値 / 16 + 1
  • このダメージが0かマイナスのときは、実際のダメージはミスか1になる。
  • 補助呪文など、攻撃力・守備力を「すこし」「かなり」上げ下げする効果 (一覧表はこちら)、
    および会心の一撃による補正は以下の通り
    ダメージ基本値 = ( 攻撃側の攻撃力 × 倍率補正 / 2  ) - ( 防御側の守備力 × 倍率補正 / 4 )
  1. 攻撃力への補正(バイキルトやヘナトスなど)
    段階補正倍率
    2段階アップ1.5倍
    1段階アップ1.25倍
    初期状態(x1)
    1段階ダウン0.75倍
    2段階ダウン0.5倍
    • プレイヤー側は攻撃力999を超えない。
    • 過去シリーズと異なり、はやぶさ斬りなど連続攻撃の2発目以降にも補正がかかる。
    • 旧作ではバイキルトなどを重複詠唱し「しかし、なにもおこらなかった!」と表示されても
      実際は効果ターンが延長(リセット)される効果があったが、今作では本当に何も起こらない。
  2. 守備力の補正(スカラやルカニなど)
    段階補正倍率
    2段階アップ2倍
    1段階アップ1.5倍
    初期状態(x1)
    1段階ダウン0.5倍
    2段階ダウン0.25倍
    • プレイヤー側は守備力999を超えない。
    • 魔王側(ムドー)は未検証。検証求む。
  3. 会心の一撃では、
    攻撃力 * 2、守備力 * 0
    となる。つまり、
    ダメージ基本値 = 攻撃力
  • 次にテンションによる補正が掛かる。1.5 - 6倍が目安だが、レベル依存の追加分があり、他の倍率より先に入る。
  • 最後に、各種の倍率がかかる。各項目の詳細は後述。

なお、「最後にこれらを掛ける」と書いたが、小数点をどこで切り捨てるか等は不正確の可能性あり。

メタル系は別記

呪文によるダメージ/回復量

攻撃呪文のダメージ、回復呪文の回復量は以下の計算式で求められます

  • 呪文ごとに異なる倍率、最低値、最高値があり、
    ダメージ基本値 A = (攻撃・回復魔力) × 倍率
    Aが最低値以下なら最低値
    Aが最高値以上なら最高値
    基本的に高位の呪文ほど倍率、最低値、最高値が高い。
    数値については外部サイト「DQ9-navi ドラクエ9完全攻略」 > ドラクエ9 呪文リスト(効果)を見よ。なお、リンク先ページでの「最低ダメージ」は、ダメージ基本値の最低であり、ランダムな幅が更に加わる。
  • 呪文で会心の一撃 (攻撃では「暴走」、回復では「パワーアップ」) では、1.5から2倍の幅で基本値が変化する。リンク先参照。
  • ダメージ/回復量はランダムに増減します。増減量は最大で基本値の±1/16。正確には
    最大ダメージ増減量 = ダメージ基本値 / 16 + 1
  • 次にテンションによる補正が掛かる。1.5 - 6倍が目安だが、レベル依存の追加分があり、他の倍率より先に入る。
  • 攻撃呪文では、最後に各種の倍率が掛かる。
    • 特に、次の二つが最も重要:
    • フォース
      • モンスターに与えるダメージでは、属性倍率とは別に1.1倍
      • 味方が受けるダメージは、防具の耐性の補正に上乗せ。
    • 「あやしいひかり」や「マジックバリア」での耐性変化: 0.5 - 2倍
    • コンボ:1.2倍〜2倍
    • 防御系 (「ぼうぎょ」以外では「やいばのぼうぎょ」など): 0.5倍
    • 「だいぼうぎょ」:0.1倍
  • 補助呪文などの効果による補正は以下の通り
  1. 魔力かくせいや暗黒のきりなどでは、攻撃魔力に補正倍率が掛かり、ダメージ/回復量の基本値が変化します。
    段階補正倍率
    2段階アップ1.5倍
    1段階アップ1.25倍
    初期状態(x1)
    1段階ダウン0.75倍
    2段階ダウン0.5倍
    • 攻撃魔力999を超えない。
  2. マジックバリアやディバインスペルなどで耐性が変動した場合は、補正の倍率を掛ける。
    段階補正倍率
    2段階アップ0.5倍
    1段階アップ0.75倍
    初期状態(x1)
    1段階ダウン1.25倍
    2段階ダウン1.5倍
  • 呪文の基本ダメージは、以下の通り。敵が使う呪文の威力は、味方が使う場合に比べて低く設定されています。
呪文味方が使用敵が使用呪文味方が使用敵が使用呪文味方が使用敵が使用呪文味方が使用敵が使用
メラ12〜167〜11メラミ70〜9052〜72メラゾーマ178〜202104〜128メラガイアー269〜315
ヒャド25〜3512〜22ヒャダルコ42〜5825〜41マヒャド80〜10453〜78マヒャデドス165〜205
バギ8〜246〜22バギマ25〜5514〜44バギクロス80〜18030〜130バギムーチョ150〜250
イオ20〜3015〜25イオラ52〜6835〜51イオナズン130〜15095〜115イオグランデ200〜220
ドルマ16〜3210〜26ドルクマ50〜8025〜55ドルモーア120〜18082〜142ドルマドン255〜315

マダンテ

ダメージ = 使用した時点の残りMP × 倍率
※倍率は通常時1.5、「超ミラクルゾーン」中は1.0
  • 使用した時点での残りMPを全て消費
    • 必殺技「超ミラクルゾーン」中は消費MP0
  • テンションダメージアップ有効
  • 魔力かくせい無効
  • フォース有効
  • やまびこのさとり無効
  • 光の壁無効
  • 「ふしぎなボレロ」のMP吸収効果無効
  • 呪文封じ状態でも使用可能

固定ダメージ系特技

使用者の攻撃力 (特に武器)、また対象の守備力に影響されない攻撃

  • 「ちから」や攻撃魔力など、特定のステータスに依存して威力が変化するものがある。
    • ステータスが依存するのであれば、魔力かくせいや聖なる祈りなどは有効。
  • ダメージ量には技ごとに設定されたランダム幅がある。
  • バイキルト無効(バイキルトで上がるのは攻撃力であるため)。
  • メタル系には無効もしくは0〜1ダメージになる。

テンションや属性の計算法については、上述の物理攻撃を参照。

名称スキルダメージ量属性依存ステータス備考
ギガスラッシュ150〜350ちから+攻撃魔力
ギガブレイク250〜500ちから+攻撃魔力
ジゴスパークヤリ200〜400ちから+攻撃魔力
ウィングブロウ
(追加攻撃)
ツメ最大100Lvテンションの影響を受けない
ゴッドスマッシュ200〜400ちから
森羅万象斬オノ200〜480-ちから武器の属性・特効能力がつく
ランドインパクトハンマー180なし
ビッグバン300なし
シャイニングボウ150なし
シャインスコールブーメラン100なし
ギガスロー120〜350Lv
石つぶて素手20なし
岩石おとし100〜300ちから+きようさ
火ふき芸きょくげい20なし
グランドネビュラはくあい200〜400回復魔力
サインぜめオーラ40〜160-Lv50Gを消費
バックダンサー呼び210 ± 25-なし
ゴールドシャワー550 ± 30なし1000Gを消費

息(ブレス)は、単に敵専用のダメージ固定特技である。必ず属性を持つ。

最大ダメージ

  • 攻撃の種類によって最大ダメージが決まっています。
    攻撃最大ダメージ備考
    通常攻撃
    メラ、ヒャド、イオ、バギ、ドルマ999
    メラミ、ヒャダルコ、イオラ、バギマ、ドルクマ1999
    メラゾーマ、マヒャド、イオナズン、バギクロス、ドルモーア2999
    メラガイアー、マヒャデドス、イオグランデ、バギムーチョ、ドルマドン
    マダンテ4017
    はやぶさ斬り1999(×2=3998)はやぶさの剣(改)と併用で7996まで可能
    タイガークロー
    無心こうげき
    とうこん討ち
    9999はやぶさの剣(改)と併用で19998まで可能
  1. 弱点フォース使用済み・攻撃力カンスト状態(おそらく敵の守備力も低下)
  2. 攻撃が4コンボになる
  3. 4番目の攻撃役の武器ははやぶさの剣改、職業はバトルマスター、状態はスーパーハイテンション
  4. 4番目の攻撃役がバトルマスター秘伝書を持ち、ダブル攻撃発動(隼の剣改と合わせて、通常攻撃で3回攻撃)

テンションの効果

テンション自体の解説は専用ページ参照。ここではダメージの計算式のみ解説。

回数「○○上がった」ダメージ倍率 (F)追加ダメージ (A) *1
初期状態(x 1)0
15x 1.5[レベル ÷ 10] + 1
220x 2.52 x ( [レベル ÷ 10] + 1 )
350x 43 x ( [レベル ÷ 10] + 1 )
4100x 64 x ( [レベル ÷ 10] + 1 )
最終ダメージ = (F × 元ダメージ + A) × (属性、コンボ等による補正倍率)
  • テンションの効果は、加算値 A が存在するため、他の倍率よりも先に入る事に注意。

出典: *1: テンション(ためる)の効果 (組長氏サイトより)

実例

パラディンLv99、全固有スキルマスター、じごくのまそう、スライムに1発。

テンション与ダメージダメージ倍率(概算)
0329×1
+5533×1.5
+20902×2.5
+501402×4
+100(SHT)2038×6

コンボの効果

  • 同じ攻撃(直接→直接など)を同じ相手に連続できめると発生。
  • 敵の行動でもコンボは発生する。
  • 途中で別の行動が入るとコンボ数はリセットされる。
  • ダメージ補正はx1.2→x1.5→x2.0。
  • 複数を攻撃する行動では発生しない。
  • ただし複数攻撃武器(ムチとブーメラン)は、前のキャラが一番左の敵に攻撃していた場合繋がり、次のキャラが一番右の敵に攻撃すると繋がる。
  • 連続攻撃では、初撃を当てればカウントされる。
    (隼の剣で2回攻撃する場合、1回目に当てて2回目に外す→倍率継続 1回目に外して2回目に当てる→消滅)
    • 但し、次に繋ぐ場合は全て当てなければならない。
  • やまびこの悟りで連続して呪文を唱えた場合、メラガイアーやドルマドン等単体系に限り、同じ攻撃を連続して命中させたと判定され、それ単体でも2回目の呪文には補正がかかる。
    • これを利用してもコンボ4回目以降はいくら当てようとも倍率は変わらない。
  • コンボによるダメージ補正はメタル斬りにも有効。3や4のダメージが出るようになる。
  • 連続で当ててもコンボが発生しない攻撃もある。
    • 任意(自由)に1体を選択できる攻撃→コンボは発生する。
    • 攻撃対象が「全体」や「グループ」の攻撃→コンボは発生しない。
      • ただしムチとブーメランの通常攻撃については上述の通り。
      • 単体攻撃でも攻撃対象が複数の場合、コンボは発生しない。(例:敵全体を対象にランダム1体を攻撃する無心こうげきで、コンボは発生しない。)

武器とモンスターの種類による効果

モンスターの各系統に対してダメージが

  • 1.1倍となる武器の種別がある
  • 1.2倍となる一部の武器がある (特効武器)
  • 武器の系統に関係なく、1.5倍となる特技がある (特効特技)

これらは重複せず、上位の倍率一つだけが適用される。
例:

  • 武器の系統による相性の上にさらに「〜系とっこう」がついても1.2倍のままになる。
    (剣のドラゴンキラー、ツメのドリルナックルなど)
  • ドラゴンキラーでドラゴン斬り。

系統の組合せ

特効武器・特技

モンスター武器系統武器名特技名スキル
スライム系(なし)(なし)スライムブロウブーメラン
けもの系ツメまじゅうのツメ
じゅうおうのツメ
けものづきヤリ
ドラゴン系ドラゴンキラー
ドラゴンスレイヤー
ドラゴン斬り
ツメ竜王のツメ系
むし系短剣バタフライダガー
よるのパピヨン
キラーブーン短剣
とり系かりうどの弓
スナイピングボウ
バードシュート
しょくぶつ系オノたつじんのオノたいぼく斬オノ
ぶっしつ系オノふんさいのおおなたドラムクラッシュハンマー
ハンマーきょじんのハンマー
アトラスのかなづち
マシン系ツメドリルナックル
ハイパードリル
裂網拳ツメ
ハンマーきょだいスパナ
ゾンビ系ヤリホーリーランス
ディバインスピア
黄泉送り
短剣聖なるナイフ
あくま系ブーメランペンタグラム
ヘキサグラム
(なし)(なし)
天使の弓系
エレメント系しゅらのこん系かまいたち素手
ツメまよけのツメ
かいじん系ムチ女王のムチ
女帝のムチ
女神のムチ
愛のムチムチ
みず系ヤリバトルフォーク
トライデント
グラコスのやり
波紋演舞
うみなりの杖
わだつみの杖
???系(なし)(なし)(なし)(なし)

なお、杖の「悪魔ばらい」はあくま系にマヒの効果。

メタル系特効武器は別記

メタル系

経験値稼ぎも見よ。

メタル系とは

悪魔系、むし系のような「系統」ではなく、「通常のダメージが必ず0か1になる」「呪文や状態異常は無効」という能力を持つ敵のこと。全てスライム系

IXでいうメタル系とは、「メタルスライム、メタルブラザーズ、はぐれメタル、ゴールデントーテム、メタルキング、ゴールデンスライム、プラチナキング」の7種。

  • メタルライダーやスライムマデュラはメタル系ではないので注意。
    (メタルライダーは名前がメタルなだけ。スライムマデュラは属性のついた攻撃が効かないだけで通常攻撃や無属性攻撃は有効)
  • 金属っぽいキラーマシン系やガチャコッコ系、ゴールドマンなども関係ない。

ダメージ

  • メタル系モンスターへの通常攻撃は、こちらの攻撃力・相手の守備力に関わらずミスか1。
  • 特技のメタル斬り・メタルウィングで +1
  • メタル系特効武器で +1
  • 重複可能。つまりメタル斬り + メタスラの剣系列では +2。(重複する組合せはこれだけ)
  • コンボでx2.0の時、通常攻撃でも2ダメージを与えられることがある。
  • 会心の一撃は有効
    • (守備力無限大、と思えば良いのだろうか?)
    • ただしメタル斬りで会心を出しても、攻撃力が低いと1〜2しか与えられない。攻撃力が上がれば会心ダメージも増える。
  • 特技や武器の追加効果の「急所突き」による即死は有効。
  • テンションUPも有効。
  • 通常の状態異常は無効だが、おしゃれさの効果によって見とれることはある。

特効武器・特技

武器

分類名前
メタスラの剣
はぐれメタルの剣
メタルキングの剣
ヤリメタスラのやり
はぐれメタルのやり
メタルキングのやり
風林火山

特技

スキル名前
メタル斬り
ブーメランメタルウィング

防具の耐性による補正

防具には、炎、氷等、7属性の耐性が設定されており、それぞれの属性ダメージを一定%軽減する効果がある。たとえば「てつの盾」では炎および氷属性の攻撃を5%軽減する。

各防具の軽減効果は、足し算である。100%を越えた場合は、ダメージを受けない。

  • たとえば「てつの盾」(炎、氷を5%)と「竜戦士のかぶと」(炎、闇を5%)であれば、最終的には炎は10%、氷・闇は5%軽減する。
  • たとえばマジックバリアなどの0.75倍効果は掛け算なので、上の例では、炎属性のダメージは 0.9 x 0.75 = 0.675倍となる。

更に、フォースによる防御効果は、防具耐性に50%上乗せとなる

  • 「てつの盾」+「竜戦士のかぶと」+「ファイアフォース」では、炎を60%軽減する。

耐性のある防具も見よ。

特技の効果

とうこん討ち、蒼天魔斬など、1倍以上の倍率補正の特技がある。

一方でしっぷうづき、はやぶさ斬り等の連続系の技で0.21倍〜0.75倍補正。

  • 双竜うちのみ1.25倍補正。

会心の一撃、痛恨の一撃の効果

  • 上記物理攻撃の通り、
    ダメージ基本値 = 攻撃力
    • ダメージ幅や、他の補正倍率も普通に適用。
    • 「ぼうぎょ」やスーパーハイテンションでの半減、「だいぼうぎょ」での1/10も適用。
  • グループ攻撃・全体攻撃・複数回攻撃の場合も、与えるダメージが2倍になる。
    メタル系は攻撃力次第でダメージを与えられないこともある。
  • 会心の一撃が出ても、相手にかわされたり、盾でガードされたりしてダメージを与えられないことがある。
    逆に痛恨の一撃もそれらの方法でダメージを受けないことがある。
  • 会心率については、(わずかに)器用さが関係とされる。こちらを見よ。 (組長氏サイトより)

特技・武器での影響

  • かぶと割りなど追加効果がある特技や「ほしくずのつるぎ」などの武器で会心の一撃が出た場合、追加効果の発生率が上がる。
  • 即死系の技(ニードルショットなど)では、即死扱いになる。
  • 毒針装備時の会心の一撃のダメージは、必ず1。
  • メタル系を相手にメタル斬りで会心を出しても、攻撃力が低いと1〜2しか与えられない。攻撃力が上がれば会心ダメージも増える。

痛恨の一撃

痛恨の一撃は、防御無視のタイプと、こちらの守備力によって威力の増減があるものとの、2パターンがある。

  • 威力が増減するタイプはスカラ、スクルトで守備力を一時的に上昇補正すると、更にダメージが減る。守備力次第ではミスにもなりうる。
  • どちらのタイプも「ぼうぎょ」や「スーパーハイテンション」、「大ぼうぎょ」などは普通に有効。
    • 防御無視・・・ガニラス、トロル、マポレーナ、ナイトキング、ギリメカラ、各トラップモンスター、各種ボスなど
    • 威力増減あり・・・ギガンテス、トロルキング、ヘルガーディアン、シーバーンなど

秘伝書は、持っているキャラクターの痛恨を防ぐ。

痛恨の一撃は、テンションと無関係 (ダメージは増えないが、テンションも維持される。)

通常攻撃以外の「会心の一撃」

  • ダメージ系特技は「会心の一撃」
  • 呪文でも出る。
    • 攻撃呪文、敵にかける補助呪文は「呪文の暴走」。回復呪文は「パワーアップ」
    • この際、最小ダメージが1.5倍、最大ダメージが(約)2倍の中で、ランダムな値を取るとされる。外部リンク呪文の暴走参照 (組長氏サイトより)
    • そもそも呪文のダメージ・回復量の計算法は上記参照
  • ボケは「会心のボケ」。グループ全員を100%笑わせる。
  • 「おたけび」も「パワーアップ」が出る

ボケでも、レンジャー秘伝書による、会心率アップは適用される。

関連ページ