ドラゴンクエスト11攻略Wikiはこちら!
ドラゴンクエスト8(3DS版)攻略Wikiはこちら!

BOSS(宝の地図)

TOP

宝の地図名によるBOSS出現パターン

  • 宝の地図の名前によって、出現するBOSSに違いがあります。
  • 下表のBOSS出現パターンから、ランダムでBOSSが出現します。
  • クエストで戦わなければいけないBOSSもいるため、自分が持っている地図にどのBOSSが出現するかしっかりとメモしておき、いつでも戦いたいBOSSと戦える状態にしておくのがよいでしょう。
地図名黒竜丸ハヌマーンスライムジェネラルSキラーマシンイデアラゴンブラッドナイトアトラス怪力軍曹イボイノス邪眼皇帝アウルート魔剣神レパルド破壊神フォロボスグレイナル
大地
運命
魔神
星々
悪霊
神々
  • なお、各項目中の「最短出現フロア」は、ボスフロアを一階層とみなしたものです。
    つまり黒竜丸の「B3F」というのは、通常フロア2階層+ボスフロア、ということになります。

アイテム

詳細・戦略等はアイテム入手判定参照。

宝の地図のボスのアイテム入手判定は一般モンスターとは大きく異なる。

一般モンスターは「ぬすむ」で入手できるアイテムと戦闘終了後に落とすアイテムは同じだが、宝の地図のボスは「ぬすむ」で手に入るアイテムと戦闘終了後に落とすアイテムが異なる

また、戦闘終了後にアイテムを最大1つしか落とさない一般モンスターと違い、宝の地図のボスが戦闘終了後に落とすアイテムは「ノーマル」と「レア」で別の枠を持ち、運が良ければノーマルとレアのアイテムを同時に落とすこともある。グレイナルでは加えて世界樹の葉を必ず落とす。

黒竜丸

クエスト015「おねがい天使さま」で貰える「うす暗き獣の地下道Lv1」など

出現レベル:Lv1〜Lv71
最短出現フロア:B3F
最短出現フロアが出るレベル:Lv1〜Lv11

パラメータHP1800
MP無限
攻撃力180
守備力180
すばやさ117
系統けもの系
攻撃方法1〜2回行動
・通常攻撃誰か1人がダメージを受ける
・ジゴスパーク全員が雷・爆発属性のダメージを受ける
・やみのはどう全員に守備力とすばやさの1段階低下を試行する
・つきのはどう全員に攻撃力の1段階低下を試行する
・やみのブレス全員が闇属性のダメージを受ける
(盾ガード不可能、みかわしで回避可能)
お宝(戦闘後100%入手)宝の地図
お宝(ぬすむ)竜のうろこ、ドラゴンテイル
お宝(通常ドロップ、オートぬすむ)ドラゴンテイル(10%)、カグツチのこて(2%)
攻略目安Lv28以上
弱点属性光(200%)
耐性属性闇(50%)
怒り狂う状況なし(パラディンガードを除く)
みかわし率★☆☆☆(少しある)
見とれる確率5%
いてつくはどうの使用頻度☆☆☆☆(使用しない)

<解説、攻略法>
1回行動と2回行動を交互に行う。最高で80程度のダメージの全体攻撃2種と、闇の波動を使用してくる。
雄叫びやボケなどの休み系が効くので、動きを止めてしまえば戦いやすい。
なお、このボスとは石の町に辿り着く前後の時点から戦う事が出来るが、その時点では勝つのはかなり難しい。
「雑魚敵が弱い」と思い、そのまま下手に喧嘩を売っても、一蹴されてしまうのがオチ。
味方のHPが200前後になるまでレベル・スキルを上げておいてから挑めば、比較的安全に倒せるはず。
僧侶がいれば、必殺技のゴスペルソングが役に立つ。
へナトスなども、成功すれば非常に楽になる。
HP自体は低いので、賢者クエストの際は上手くダメージを計算する事。
ギガスラッシュやシャイニングボウといった、月の波動の影響を受けない攻撃が有効。
少しみかわし率があるので、物理攻撃系の特技を使う場合はさみだれづきなどの連撃手段がよい。

こちらのレベルが上がってくると、黒竜丸やハヌマーンなどの弱い部類のボスが出現する地図は手に入りにくくなる。
後に最強系防具の収集や特定のボス討伐クエストで再利用の価値がある為、特にLv1の地図などは捨てずにキープしておいた方が良い。
(Lv50台をこなす様になると、入手は極めて稀となる。)

ハヌマーン

出現レベル:Lv1〜Lv74
最短出現フロア:B3F
最短出現フロアが出るレベル:Lv1〜Lv14

パラメータHP2800
MP無限
攻撃力225
守備力240
すばやさ132
系統けもの系
攻撃方法2回行動
・通常攻撃誰か1人がダメージを受ける
・ツメできりさく誰か1人が通常攻撃より大きなダメージを受ける
・はげしいほのお全員が炎属性のダメージを受ける
(盾ガード不可能、みかわしで回避可能)
・いてつくはどう全員の補助効果を解除する
(かばう・みがわり・におうだちを透過する、パラディンガード精霊の守りで無効化可能)
お宝(戦闘後100%入手)宝の地図
お宝(ぬすむ)ホワイトタイツ、ほのおのツメ
お宝(通常ドロップ、オートぬすむ)ほのおのツメ(10%)、むてきのズボン(2%)
攻略目安Lv30以上
弱点属性闇(200%)
耐性属性なし
怒り狂う状況なし(パラディンガードを除く)
みかわし率★☆☆☆(少しある)
見とれる確率10%
いてつくはどうの使用頻度状況による(補助をかけていると使ってくる)

<解説、攻略法>
行動がほとんど打撃のため、補助をかければ比較的楽に倒せるはず。
スクルトさえあれば黒竜丸より楽。ベホマラーがあるとさらに楽。相応のレベルに達していれば負けないはず。
AI(頭の良さ)が高く設定されているようで、こちらの守備力が高くなると通常攻撃をせず、ツメで切り裂くか激しい炎でしか攻撃してこなくなる。また、こちらが補助系で固めたりすると、ほぼ確実に凍てつく波動を使ってくる。
攻撃面では、ドルマ系呪文やビッグバン、ダークフォースをかけての直接攻撃が有効。
すばやさを低下させる攻撃も効くが、相手のすばやさ自体もさほど高くない。

スライムジェネラル

出現レベル:Lv1〜Lv77
最短出現フロア:B3F
最短出現フロアが出るレベル:Lv1〜Lv17

パラメータHP3600
MP無限
攻撃力242
守備力298
すばやさ130
系統スライム系
攻撃方法1〜2回行動
・通常攻撃誰か1人がダメージを受ける
・Wアタック誰か1人が通常攻撃より大きなダメージを受ける
・痛恨の一撃誰か1人が大ダメージを受ける
・イオナズン全員が雷・爆発属性のダメージを受ける
・いてつくはどう全員の補助効果を解除する
(かばう・みがわり・におうだちを透過する、パラディンガード精霊の守りで無効化可能)
・仲間呼びスライムベホマズン1体を戦闘に加える
(失敗する事もある)
お宝(戦闘後100%入手)宝の地図
お宝(ぬすむ)プラチナヘッド、きせきのつるぎ
お宝(通常ドロップ、オートぬすむ)きせきのつるぎ(5%)、わざしのてぶくろ(2%)
攻略目安Lv32以上
弱点属性闇(200%)
耐性属性なし
怒り狂う状況会心の一撃(呪文の暴走も含む)、パラディンガード
みかわし率なし
盾ガード率★☆☆☆(少しある)
見とれる確率10%
いてつくはどうの使用頻度★★☆☆(普通)

<解説、攻略法>
バトルロードで合体モンスターとして初登場し、本編に逆輸入されたボス。
スライムベホマズンを呼ばれた場合、先にスライムベホマズンを狙い、早めに倒したい。
ベホマ、ベホマズンの回復量は完全回復ではなく、最大で999。
(外見で盾を持っていないが)ガードしてくることから、通常攻撃よりさみだれ突きやはやぶさ斬りといった連撃で戦う方が望ましい。

イオナズンを喰らった後の回復のためにベホマラーは欲しい。雷属性に耐性がある防具があるとなお良い。
たまに繰り出してくる痛恨は200程度のダメージを受ける。これに耐えるだけのHPはキープしておこう。
低確率(30%程度)だがルカニが効くので、かぶと割りが使えるならひたすらタコ殴りでOK。ボケなどで動きを止める戦法も有効。
スライム系モンスターの例に漏れず闇属性が弱点。スライムベホマズンも同様なので、ダークフォースは特に有効。効果は切らさないようにしたい。
呪文で攻撃する場合はドルモーアやドルマドンを使うといいが、ドルマドンはガードで防がれてしまう場合もあるので注意。

Sキラーマシン

出現レベル:Lv13〜Lv80
最短出現フロア:B5F
最短出現フロアが出るレベル:Lv13〜Lv29

パラメータHP4000
MP無限
攻撃力264
守備力354
すばやさ148
系統マシン系
攻撃方法2回行動
・通常攻撃誰か1人がダメージを受ける
・はげしく斬りつける誰か1人が通常攻撃より大きなダメージを受ける
・無数の矢全員が無属性のダメージを受ける
(30〜70程度、回避不可能だがパラディンガード精霊の守りで無効化可能)
・スーパーレーザー攻撃全員が無属性のダメージを受ける
(80〜110程度、回避不可能だがパラディンガード精霊の守りで無効化可能)
・ギガスラッシュ全員が光属性のダメージを受ける
(みかわし不可能、盾ガードで回避可能)
お宝(戦闘後100%入手)宝の地図
お宝(ぬすむ)ドリルナックル、たつじんのオノ
お宝(通常ドロップ、オートぬすむ)たつじんのオノ(5%)、えいゆうのブーツ(2%)
攻略目安Lv35以上
弱点属性雷(150%)
耐性属性なし
怒り狂う状況会心の一撃(呪文の暴走を含む)、パラディンガード
みかわし率なし
見とれる確率0%(見とれない)
凍てつく波動の使用頻度☆☆☆☆(使用しない)

<解説、攻略法>
スライムジェネラル同様、バトルロード初登場のボス。
バトルロードでは「スーパーキラーマシン」だが、IXでは文字数の関係上「スーパー」が「S」に略されている。
ダメージ100前後の全体攻撃であるレーザー、ギガスラッシュ以外に特筆すべきことはない。
こちらが低レベルのうちは同一ターンにレーザー+ギガスラッシュを立て続けに喰らうと立て直せなくなることもあるが、運が悪かったと諦めよう。
また、無数の矢とレーザーは無属性かつ貫通攻撃のため、どんなに守備力を上げても固定のダメージを受け、みかわしや盾ガードによる回避も出来ないので注意。
ただ、それらの攻撃を受けただけで苦しいということがなければ、特に問題なく倒せる。
凍てつく波動も痛恨の一撃も無いので、スクルトとバイキルトをかけて普通に攻撃すればさほど苦戦しないはず。
スライムジェネラルと比べると、かなり楽に倒せる。
攻撃面では、ストームフォースをかけての直接攻撃や、イオ系呪文が有効な他、らいじんのヤリで攻撃するのもよい。

イデアラゴン

出現レベル:Lv16〜Lv83
最短出現フロア:B5F
最短出現フロアが出るレベル:Lv16〜Lv32

パラメータHP4300
MP無限
攻撃力264
守備力338
すばやさ160
系統ドラゴン系
攻撃方法2回行動
・通常攻撃誰か1人がダメージを受ける
・メラゾーマ誰か1人が炎属性のダメージを受ける
・イオナズン全員が雷・爆発属性のダメージを受ける
・マヒャド全員が氷属性のダメージを受ける
・ためる自身のテンションを1段階上昇させる
お宝(戦闘後100%入手)宝の地図
お宝(ぬすむ)ドハデなスーツ、マジカルメガネ
お宝(通常ドロップ、オートぬすむ)マジカルメガネ(5%)、りせいのサンダル(2%)
攻略目安Lv40以上
弱点属性土(150%)
耐性属性炎、氷、風、雷、闇(75%)
怒り狂う状況なし(パラディンガードを除く)
みかわし率なし
見とれる確率15%
いてつくはどうの使用頻度☆☆☆☆(使用しない)

<解説、攻略法>
魔法を中心に攻撃を仕掛けてくるため、呪文耐性の防具があれば戦いが楽になる。
使う呪文自体は強力で、メラゾーマは50%の確率で暴走するが、ベホマラーを使える回復役(僧侶か賢者)が1人いれば比較的低レベルでも十分に勝てる。
凍てつく波動を使ってこない上に、こちら全員が光の壁の状態でも呪文を使ってくるので、全員がマホカンタ、ミラーシールドを使ってしまえば、ほぼ負ける可能性は無くなる。
通常攻撃の頻度は比較的低いため、盾役にスカラ、マホカンタ(ミラーシールド)を使用してにおうだちをしてしまうのもよい。
ただ、極稀にテンションを50や100までためてくる場合があるので、レベルが低い時期は大ぼうぎょなどで凌ぐといい。
見た目からは分かり難いがドラゴン系なので、ダークフォースをかけてドラゴン斬りやドラゴンスレイヤーで攻撃すれば大ダメージを与えられる。

<スーパールーレット>
ミラーシールドを使ったり、呪文反射の防具(ミラーアーマーなど)を装備していると、倒してしまうことがあるので注意。
耐性防具を装備した上で、マジックバリア(りんねの盾系使用)を使い、賢者の石で回復しながらチャージを待つといい。
攻略とは関係ないが、「りせいのサンダル」はMP底上げ+高いみかわし率が付く非常に利便性が高い防具。当必殺技を何度も繰り返して粘る価値はある。

ブラッドナイト

出現レベル:Lv28〜Lv86
最短出現フロア:B7F
最短出現フロアが出るレベル:Lv28〜Lv44

パラメータHP5200
MP無限
攻撃力319
守備力377
すばやさ182
系統ゾンビ系
攻撃方法2回行動
・通常攻撃誰か1人がダメージを受ける
・痛恨の一撃誰か1人が大ダメージを受ける
・さみだれづき4回の物理攻撃を連続して試行し、全員がランダムでダメージを受ける
(一撃ごとの威力は通常よりも低め)
・マヒャド全員が氷属性のダメージを受ける
・マジックバリア自身の攻撃呪文に対する耐性を1段階上昇させる
・いてつくはどう全員の補助効果を解除する
(かばう・みがわり・におうだちを透過する、パラディンガード精霊の守りで無効化可能)
お宝(戦闘後100%入手)宝の地図
お宝(ぬすむ)しんくのブーツ、しんぴのよろい
お宝(通常ドロップ、オートぬすむ)しんぴのよろい(5%)、りんねの盾(2%)
攻略目安Lv50以上
弱点属性炎(150%)
耐性属性なし
怒り狂う状況ザオラル、ザオリクを使う、パラディンガード
※空撃ちした場合(ザオラルの失敗、生存者に呪文を使う)も怒り狂う。
みかわし率★★☆☆(ややある)
見とれる確率5%
いてつくはどうの使用頻度★★★★(高い)

<解説、攻略法>
凍てつく波動を連発してくるので、補助系の呪文や特技、テンション上げはしづらい。
こちらに何の補助効果もかかっていなくても使ってくるほどなので、攻撃系補助は使わずにどんどん攻撃する方が手っ取り早い。
低確率ながらパラメータ低下が有効。かぶと割りやほしくずのつるぎ系があるなら、使って守備力低下を狙ってもいい。
若干みかわし率があるので、さみだれ突きやはやぶさ斬りなどの連撃手段で攻撃するとよい。
呪文で攻める場合はメラゾーマやメラガイアーが効果大だが、マジックバリアを使われるとダメージを減らされてしまうので、凍てつく波動(ひかりの杖系使用)で打ち消そう。
あるいはすざくのおうぎやバーニングバードで攻撃するのも有効。
時折繰り出してくる痛恨の一撃では300近いダメージを受けるので、HPの低い仲間は要注意。
ザオラルやザオリクを使うと怒り狂うので、回復役には必ず盾の秘伝書を持たせておく事。レベルが低いうちは世界樹の葉を複数持っておきたい。
ゾンビガードで痛恨、呪文を含めたすべてのダメージを半分に減らせるので使っておくとよい。

アトラス

出現レベル:Lv31〜Lv89
最短出現フロア:B7F
最短出現フロアが出るレベル:Lv31〜Lv47

パラメータHP6500
MP無限
攻撃力462
守備力274
すばやさ163
系統あくま系
攻撃方法2回行動
・通常攻撃誰か1人がダメージを受ける
・痛恨の一撃誰か1人が大ダメージを受ける
・ランドインパクト全員が土属性のダメージを受ける
お宝(戦闘後100%入手)宝の地図
お宝(ぬすむ)いかりのタトゥー、きょじんのハンマー
お宝(通常ドロップ、オートぬすむ)きょじんのハンマー(5%)、そらのトーガ(2%)
攻略目安Lv55以上
弱点属性光(200%)
耐性属性なし
怒り狂う状況 
みかわし率なし
見とれる確率15%
いてつくはどうの使用頻度☆☆☆☆(使用しない)

<解説、攻略法>
DQ2では、ハーゴンの3幹部として登場したボス。
攻撃は、見た目通り打撃系のみ。
攻撃力が非常に高く、元の守備力が低いとスクルトを2回かけても結構なダメージを貰ってしまう。
特に、420前後のダメージを受ける痛恨の一撃が脅威で、HPが低い仲間に当たってしまうと一発で死んでしまうことがある。
こちらのレベルが低いうちは、ザオリクや世界樹の葉などの蘇生手段を複数持っていないときついだろう。
1つ前のブラッドナイトもそうだが、この辺りから以上のボスが相手の際は盾の秘伝書は必ず用意すること。
ランドインパクトは全体に最大で100前後のダメージ。メタル系の鎧や盾など、土属性に耐性がある防具があるといいが、初めてアトラスに遭遇する段階では持っていないことの方が多いか。
守備力はそれほど高くなく、凍てつく波動など補助系の特技は一切無いので、テンションを上げるか攻撃力を上げてのはやぶさ斬りなどで早めに倒してしまいたい。

強敵だが、眠りが効くという弱点を持つ。
ゆめみのこん(orまどろみのこん)で「氷結らんげき」をするとそれなりの確率で眠ってくれる。
また、あくま系なので杖の「悪魔ばらい」でマヒさせる事も可能。
これらを駆使すれば、封殺とまではいかないがかなり戦いやすくなる。

低確率だが攻撃力低下が有効で、効いてしまえばかなり楽になる。ヘナトスややいばくだきが使えるなら連発するのもよい。
但し、それでも痛恨のダメージは減らす事は出来ないので注意したい。
ライトフォースをかけての直接攻撃や、テンションを上げてのギガスラッシュ、グランドネビュラなどがとても有効。
HPは高いが、賢者関係などのクエストの際は上手くダメージを計算、調整しよう。

怪力軍曹イボイノス

出現レベル:Lv49〜Lv92
最短出現フロア:B11F
最短出現フロアが出るレベル:Lv49〜Lv68

パラメータHP6000
MP100
攻撃力372
守備力442
すばやさ188
系統けもの系
攻撃方法2回行動
・通常攻撃誰か1人がダメージを受ける
・はげしい鉄球ぶんまわし全員がダメージを受け混乱の追加効果を試行する
・超おたけび全員に1ターン休みの状態異常を試行する
(成功率はおたけびより上)
・ためる自身のテンションを1段階上昇させる
お宝(戦闘後100%入手)宝の地図
お宝(ぬすむ)とうこんエキス、戦士のよろい
お宝(通常ドロップ、オートぬすむ)戦士のよろい(5%)、じあいのかぶと(2%)
攻略目安Lv55以上
弱点属性氷(150%)
耐性属性なし
怒り狂う状況なし(パラディンガードを除く)
みかわし率なし
見とれる確率5%
いてつくはどうの使用頻度☆☆☆☆(使用しない)

<解説、攻略法>
攻撃力は高いものの、凍てつく波動は使ってこないので、スクルトを使えば安定する。
低確率ながら攻撃力低下も有効なので、やいばくだきなどで無力化してしまえばかなり楽になる。
但し、厄介なのが激しい鉄球ぶん回しで、これを受けると一定確率で混乱してしまう。
混乱した仲間の方が怖いので、全員に天使のすずや超ばんのうぐすりを持たせておく、「ツッコミ」を覚えさせておく、ひかりのはどう(僧侶の秘伝書)を持たせておく、といった対策は万全に。混乱中は武器を外すのも有効。
りせいのリング(混乱を確実に防ぐ)を装備するのが一番安全だが、超おたけび対策も兼ねるスーパーリングも悪くない。
なお、こちらの守備力を上げてダメージをミスにすれば混乱の追加効果も発生しない。

<スーパールーレット>
スーパールーレットの待機をする場合は、スーパーハイテンションになるのがオススメ。
休みや混乱は全く効かなくなるうえ、相手は凍てつく波動も使ってこないので解除される心配も無い。
回復はテンションに影響しない「けんじゃの石」を、やまびこチャージを利用する場合は補助系呪文を使うといい。
特技の「いやしの雨」もテンション維持のまま回復出来るので、レベル(最大HP)が高ければ体力を簡単に維持出来る。

邪眼皇帝アウルート

あらぶる光の地図Lv86(川崎ロッカーの地図)など

出現レベル:Lv52〜Lv95
最短出現フロア:B11F
最短出現フロアが出るレベル:Lv52〜Lv71

パラメータHP5200
MP無限
攻撃力382
守備力418
すばやさ216
系統とり系
攻撃方法2回行動
・バギクロス(暴走)全員が風属性のダメージを受ける
・ドルモーア(暴走)誰か1人が闇属性のダメージを受ける
・ディバインスペル全員に攻撃呪文に対する耐性の1段階低下を試行する
・マホカンタ相手からの呪文を反射する
・あやしいひとみ誰か1人が強制的に眠りの状態異常を受ける
(スーパーハイテンション状態、パラディンガードや精霊の守りで無効化可能)
・いてつくはどう全員の補助効果を解除する
(かばう・みがわり・におうだちを透過する、パラディンガード精霊の守りで無効化可能)
お宝(戦闘後100%入手)宝の地図
お宝(ぬすむ)けんじゃのせいすい、ミネルヴァミトル
お宝(通常ドロップ、オートぬすむ)ミネルヴァミトル(5%)、はるかぜのぼうし(2%)
攻略目安Lv55以上
弱点属性炎(150%)
耐性属性なし
怒り狂う状況ザオラル、ザオリクを使う、パラディンガード
※空撃ちした場合(ザオラルの失敗、生存者に呪文を使う)も怒り狂う。
みかわし率★☆☆☆(少しある)
見とれる確率5%
いてつくはどうの使用頻度状況による(補助をかけていると使ってくる)

<解説、攻略法>
打撃攻撃は一切せず、使ってくる攻撃魔法は100%暴走する。
しかし(耐性にもよるが)その威力は他のボスの打撃とさほど変わらず、むしろさらに暴走(威力上昇)しないと考えるとプラスに捉えることすらできる。
凍てつく波動を使ってくる確率が比較的高い。
AI(頭の良さ)が高く設定されているようで、マホカンタ(ミラーシールド)がかかっているキャラには魔法を使わず、2人以上かかっているとバギクロスを使わず、全員にかかっているとまず間違いなく凍てつく波動がくる。
この特性を利用して凍てつく波動を使用させ、攻撃呪文を避けるのに補助呪文を使う戦術も考えられる。
自身もマホカンタ状態を維持しようとする傾向があるので、こまめにいてつく波動などで打ち消せば、相手の攻撃頻度を下げられる。
味方のレベルがある程度高い場合は、補助を使わずに攻撃を優先させた方が早く倒せる。
回復役かHPが少ない仲間のみがミラーシールドを使うのが無難である。
マホカンタ+におうだちができればかなり低レベルでも勝てることがあるが、
怪しい瞳は耐性無視で防ぐ事ができない(めざましリングも無効)ため、過信は禁物。
におうだちをかけたキャラが眠らされるとにおうだちが解除されるので、眠りを覚ます手段は全員が使えるようにしておこう。


<スーパールーレット>
「スーパールーレット」の待機をする場合は、通常は防御でダメージを減らし、
ディバインスペルを使われたらりんねの盾系使用で対抗するといい。この方法ならMPを殆ど使わず待機ができる。
誰かの呪文耐性が最低まで下がってしまっても、誰かが標準より上がっていれば凍てつく波動で勝手にリセットしてくれる。
但し、脅威なのが怪しい瞳による強制睡眠。耐性無視の上に、相手は高確率で凍てつく波動を使ってくるので、スーパーハイテンションによる防御も意味をなさない。これに関してはその都度ツッコミなどで起こすしかない。

魔剣神レパルド

出現レベル:Lv58〜Lv98
最短出現フロア:B11F
最短出現フロアが出るレベル:Lv58〜Lv74

パラメータHP6600
MP無限
攻撃力430
守備力430
すばやさ232
系統けもの系
攻撃方法2回行動
・通常攻撃誰か1人がダメージを受ける
・まじん斬り誰か1人に痛恨の一撃を試行する
(命中率は1/2)
・斬り上げ誰か1人がダメージと1ターン休みの状態異常を受ける
・さみだれぎり4回の物理攻撃を連続して試行し、全員がランダムでダメージを受ける
(一撃ごとの威力は通常よりも低め)
テンションバーン自身を1回ダメージを受けるごとに一定確率で1段階テンションが上昇する状態にする
・いてつくはどう全員の補助効果を解除する
(かばう・みがわり・におうだちを透過する、パラディンガード精霊の守りで無効化可能)
お宝(戦闘後100%入手)宝の地図
お宝(ぬすむ)フェンサーコート、コンバットアーマー
お宝(通常ドロップ、オートぬすむ)コンバットアーマー(5%)、しょうりのよろい(2%)
攻略目安Lv70以上
弱点属性氷(150%)
耐性属性なし
怒り狂う状況会心の一撃(呪文の暴走も含む)、パラディンガード
みかわし率★☆☆☆(少しある)
見とれる確率5%
いてつくはどうの使用頻度★☆☆☆(やや低い)
あまり状況は見ず、毎ターン連続で使ってくる時もある

<解説、攻略法>
ひたすら剣を使った直接攻撃で攻めて来る肉弾派のボス。
攻略法はギュメイ将軍とほぼ同じ。スクルトを2回かけた上でこちらもひたすら直接攻撃で攻めるのがいい。
凍てつく波動も使ってくるので、喰らったら即座にスクルトをかけ直すのを忘れずに。
テンションバーンを使ってきたら、こちらの凍てつく波動(ひかりの杖系)で打ち消そう。
ブラッドナイトと同じく多少のみかわし率があるので、はやぶさ斬りや氷結らんげきなどの連撃でダメージを与えていこう。
やはり一番の脅威は400超のダメージを受ける魔神斬り。HPの低い仲間は一撃で倒されることも。
瀕死になった仲間に対してはかばう、みがわりを使うなどの工夫が必要。
ギュメイ将軍と違ってMPが無限なので、際限なく魔神斬りを使われる可能性もある。
回復役には盾の秘伝書が必須。
ここは是非とも、戦士のゆうかんスキルパラディンはくあいスキルの両方を全員が極めて、HPと身の守りを底上げしておきたい。

<スーパールーレット>
「スーパールーレット」を狙う持久戦の場合、斬り上げによる1回休みは何よりも脅威となる。
いてつくはどうがあるため、スーパーハイテンションによる防御も意味をなさない。
スーパーリング+リッカのバンダナを(バトルマスターはバトルパンツも)装備するのが一番安全。
さらに盾ガード率や身かわし率が高い防具を装備して、ダメージの無効化に期待しよう。

破壊神フォロボス

見えざる魔神の地図Lv87(まさゆきの地図)など

出現レベル:Lv67〜Lv99
最短出現フロア:B12F
最短出現フロアが出るレベル:Lv67〜Lv86

パラメータHP7000
MP無限
攻撃力528
守備力452
すばやさ239
系統???系
攻撃方法2回行動
・通常攻撃誰か1人がダメージを受ける
・痛恨の一撃誰か1人が大ダメージを受ける
・メラゾーマ(暴走)誰か1人が炎属性のダメージを受ける
・イオナズン(暴走)全員が雷・爆発属性のダメージを受ける
・ドルモーア(暴走)誰か1人が闇属性のダメージを受ける
・ドルマドン誰か1人が闇属性のダメージを受ける
・マホトラ誰か1人からMPを20奪い自身のモノにする
・めいそう自身のHPを500回復する
・ためる自身のテンションを1段階上昇させる
・いてつくはどう全員の補助効果を解除する
(かばう・みがわり・におうだちを透過する、パラディンガード精霊の守りで無効化可能)
お宝(戦闘後100%入手)宝の地図
お宝(ぬすむ)あやかしそう、きんかい
お宝(通常ドロップ、オートぬすむ)きんかい(10%)、天使のローブ(2%)
攻略目安Lv75以上
弱点属性風、光(150%)
耐性属性なし
怒り狂う状況会心の一撃(呪文の暴走も含む)、パラディンガード
みかわし率なし
見とれる確率5%
いてつくはどうの使用頻度★★☆☆(普通)

<解説、攻略法>
通常攻撃をしてくる事が多い。攻撃力はアトラスをも上回る500以上で、宝の地図のボスの中では最高値。
そのため、こちらのレベルが低いうちはスクルトが使えるパラディンや賢者は必須。
平均Lv75以上で装備を整え、各スキルでHP等のパラメータ底上げをしておいてから戦いたい。

特に危険なのが、約500のダメージを受ける痛恨の一撃。回復役には盾の秘伝書を必ず持たせる事。
必ず暴走するイオナズン、メラゾーマやドルモーアも強力。メタル系の鎧や幻魔のこて、マジカルスカート(♀専用)といった耐性防具を装備したい。
耐性無しで450程度のドルマドンも厄介。ドルマドンの前には必ずマホトラを使うので(以下パターンを参照)、マホトラが来たら全員ミラーシールド(遅いキャラはぼうぎょ・だいぼうぎょなど)を掛けるとよい。
なお、低確率で眠りが有効。「まどろみのこん」で氷結らんげきを仕掛ければ封殺とはいかずともそこそこ動きを止められるので、レベルが低い内は活用するのも手。

A:通常攻撃、痛恨の一撃、メラゾーマ(暴走)、イオナズン(暴走)、ドルモーア(暴走)、ためる、いてつくはどう
B:マホトラ→ドルマドン→めいそう→マホトラ
必ずA→B→A・・・の順番で行動するが、いつ移行するかは完全にランダム。


凍てつく波動を使ってくるので、かぶと割りなどで相手の守備力を下げつつ攻撃していくと有利。
弱点フォースは2種類あるが、暴走イオナズンを軽減できるストームフォースを推奨。耐性防具を上手く選択して装備すれば、ダメージは一桁にまで減らせる。
(参考:みかがみの盾なら雷属性のダメージを18%も軽減するので、フォースの効果&他の防具との組み合わせ次第では全くダメージを受けない事も可能。マホトラで取られるMPの量も減らせる。
闇属性にも耐性を付けたい場合は、メタル系orりんねの盾の方が優秀。どちらを選ぶかは好みで)

余談だが、ストーリーに直接関わっていないにもかかわらず、当初の攻略本(下巻)では名前・情報が伏せられていた。
どうやら、追加クエスト150で登場するフォロボシータを含む魔空5兄弟関連として伏せられていたようである。
その後、2009年12月07日発売の週刊少年ジャンプで初めて情報が紹介され、公式攻略本(最終巻)において改めてデータが掲載された。

<スーパールーレット>
「スーパールーレット」を狙う持久戦の場合、何よりも脅威なのはマホトラになる。
「大ぼうぎょ」や回復に使うためのMPが凄い勢いで削られていくので、
テンションを上げての「ハッスルダンス」や、「けんじゃの石」を4人全員で使用する等のMP消費0の手段が望ましい。防御も「大ぼうぎょ」よりは通常防御を使い、回復をこまめにして乗り切ろう。
もちろん、MP吸収に耐性のある装備品があるなら優先的に身に付けておきたい。属性耐性を踏まえると、みかがみの盾+エルフのおまもりがベスト。
せいしんとういつ」でのMP自動回復は、凍てつく波動で打ち消されるため不安定。
最初はひっさつのおうぎ系装備でチャージを待ち、チャージが発生したら武器を杖に持ち替えてMPを回復させるとよい(無論、職業によっては杖スキルを極めておく事が必要)。

グレイナル

出現レベル:Lv70〜Lv99
最短出現フロア:B12F
最短出現フロアが出るレベル:Lv70〜Lv89

パラメータHP7400
MP無限
攻撃力478
守備力478
すばやさ252
系統ドラゴン系
攻撃方法3回行動
・通常攻撃誰か1人がダメージを受ける
・あれくるういなずま全員が雷・爆発属性のダメージを受ける
・超おたけび全員に1ターン休みの状態異常を試行する
(成功率はおたけびより上)
・ひかりのブレス全員が光属性のダメージを受ける
(盾ガード不可能、みかわしで回避可能)
・マダンテ→いのり全員が無属性のダメージを受け
(回避不可能、パラディンガード精霊の守りで無効化可能)、
自身のMPを回復する
・いてつくはどう全員の補助効果を解除する
(かばう・みがわり・におうだちを透過する、パラディンガード精霊の守りで無効化可能)
・若き血潮自身の攻撃力・守備力・すばやさを1段階上昇させる
お宝(戦闘後5%入手)竜王の地図
お宝(ぬすむ)せかいじゅのは、オリハルコン
お宝(通常ドロップ、オートぬすむ)せかいじゅのは(100%)、オリハルコン(10%)
攻略目安Lv85以上
弱点属性闇(200%)
耐性属性光(75%)
怒り狂う状況蘇生呪文(ザオラル、ザオリク)を使う、パラディンガード
※呪文を空撃ちした場合(ザオラルの失敗、生存者に呪文を使う)も怒り狂う。
但し、ふっかつのつえ・世界樹の葉で蘇生させた場合は除く
みかわし率★☆☆☆(少しある)
見とれる確率5%
いてつくはどうの使用頻度行動パターンによる。下記解説参照

<解説、攻略法>
1ターンに3回行動する強敵。
攻撃力はアトラスとほぼ同等で、その上ほとんどの行動が打撃(通常攻撃)なので、スクルトによる守備力上昇は必須。
荒れ狂う稲妻やたまに使ってくる光のブレスでは140〜220程度(耐性防具装備でも100〜180程度)のダメージを受ける。
厄介なのが超おたけびで、これで回復役の行動を止められると危険。回復役を2人用意するか、耐性防具(エルフのおまもりかスーパーリング、あるならリッカのバンダナ)を装備させる事。
素早い仲間にせかいじゅのしずくを持たせておくと安全。
SHT状態ならば超おたけびも無効に出来る上被ダメージも軽減できる(荒れ狂う稲妻でもダメージは90×4程度)ため、バトルマスター必殺技などで、SHT状態になったHP500以上のキャラがいたらにおうだちをさせるのも有効。バトルマスターは、リッカのバンダナ+バトルパンツ+スーパーリングで完全に1ターン休み系を無効にできるため、このにおうだち役にうってつけ。SHTの代わりにスカラやバーハ重ねがけも可。稲妻対策としてストームフォースもかけておくとよい。凍てつく波動がこない限りこの陣形が崩れることはない。

行動パターンは決まっており、

A:通常攻撃、超おたけび、荒れ狂う稲妻からランダム(おたけびと稲妻は1ターンに1回まで)、一定確率でBに移行
B:光のブレス or 凍てつく波動→凍てつく波動→若き血潮→マダンテ→凍てつく波動→祈り→Aに移行 or Bの最初に戻る

となっている。

特に脅威なのが、全員が300弱のダメージを受ける「マダンテ」。
上記パターンの通り、凍てつく波動か光のブレスがきたら、次のターンに確実にマダンテがくる。
大ぼうぎょを使えばダメージを30弱に軽減できるので、全員の盾スキルは必ず上げておくこと。
無防備状態でマダンテを受けてしまった場合は、ひたすら回復に徹しよう。
一方で、こちらのレベルが相当に高く、なおかつ行動が通常攻撃が多いAのままならあっさり勝てることもある。

3回行動のため、若き血潮の効果は勝手に2〜3ターン後には消える。余裕が無い時は、凍てつく波動で打ち消すより防御に回った方がよい。
一応幻惑や守備力低下も効くが、3回行動故、すぐに効果は切れてしまうのであまり意味はない。

こちらのレベルは85以上あれば比較的安定。
直接攻撃ならダークフォース+ドラゴン斬り、呪文で攻撃するなら賢者のドルマドンが効果大。

ストーリーに直接関わっているためか、公式攻略本(下巻)では宝の地図のグレイナルについては情報が載っていなかった。
2009年12月14日発売の週刊少年ジャンプでパラメータ等も含めた情報が初めて紹介され、その後発売された公式攻略本(最終巻)においてもデータが掲載された。

関連ページ