ドラゴンクエスト11攻略Wikiはこちら!
ドラゴンクエスト8(3DS版)攻略Wikiはこちら!

とうこん

TOP

「闘魂(とうこん)」スキル

特技名SP称号MP範囲属性効果(備考)
常時さいだいHP+104負けずぎらい---
とうこん討ち10雑草だましい1敵単-アツいとうこんで敵1体をはげしくビンタ
通常の1.2倍ダメージ
常時ちから+1016ど根性おとこ
ど根性むすめ
---
すてみ22熱血漢
熱血姐さん
0自分-守りをすててこうげき力をおおはばに上げる。
攻撃力2段階アップ+守備力1段階ダウン
息や呪文のダメージは増えない
常時さいだいHP+2032燃える男
情熱の花
---
もろば斬り42反骨だましい0敵単-大ダメージを敵1体に与えるが自分もキズつく
攻撃の威力は通常の1.5倍。
与えたダメージの25%分を自分も受ける
常時ちから+3055ごうけつ
じょけつ
---
無心こうげき68闘将4敵ランダム-心を無にして敵1体に通常の1.5倍のダメージを与えるこうげき
常時さいだいHP+3082元帥---
テンションバーン100覇王6自分-なぐられるとテンションが上がる
ダブルこうげき秘伝書----攻撃後に低確率でもう一回攻撃

スキル所見

マスターすれば力が40、HPが60伸びる。ゆうかんに多少劣るが大切なステータスが伸びる。
秘伝書を得る為に「もろば斬り」修得必須。
ダメージ限界値はいずれも9999。

とくぎ

とうこん討ち」
通常攻撃の1.2倍。
「無心こうげき」よりもダメージ倍率は低いが、消費MPが少ない、対象を選択できる、コンボになる、ダメージ限界値は9999、などの点では優秀。
「すてみ」
旧作と違い、自分に「バイキルト」と「ルカニ」をかける技。息や呪文のダメージは増えない。
攻撃力が2段階アップ・守備力が1段階ダウンする。
今作品はバイキルトの使用可能職が限られている(魔法使いLv33、または魔法戦士Lv39)が、
この特技はわずかスキルポイント22で習得できるうえに、ダウンした守備力を「スカラ」「ひかりのはどう」等で元に戻せば実質バイキルトと同じ効果を得られる。
多少手間はかかるが、物理攻撃キャラが早々に覚えて使うと効果的。
また、自身の守備力が高すぎてクリアしにくいクエストでは、能動的に守備力を下げる手段としても使える。
なお、凍てつく波動を受けると効果は消されてしまうので注意。
「もろば斬り」
通常攻撃の1.5倍。
下記「無心こうげき」の消費MP0バージョン。
その代わりに自身もダメージを受けるので、使う際はリスクを考えよう。
武器の属性や特攻能力を無視して無属性になる。フォースによる属性付加は有効。
「無心こうげき」
通常攻撃の1.5倍。
対象がランダムだが単体相手ならノーリスクで強烈。
連撃手段がない短剣オノハンマーが扱うことで、連撃系攻撃を持つ武器との差を埋めることできる。
キラーピアスと組み合わせるのが有効。
はやぶさの剣はスキルの「はやぶさ斬り」が使いやすく、コンボも乗るのでそちらの方が良い。
ただ、「はやぶさ斬り」は1発当たりのダメージ限界値が1999で「無心こうげき」は9999。テンション100であれば「無心こうげき」の方が強い場合も。
きょくげいの「キラージャグリング」とはMP量や装備品で使い分けよう。
テンションバーン」
「なぐられると〜」と説明にはあるが、実際に発動するのは「ダメージを受けた時」全般。
みかわし・盾ガードの発動や呪文の反射、カウンターなど、攻撃を受けてもノーダメージになった場合は発動しない。
また、5は必ず上がるが、20・50・100は上がらないこともある。
テンションが上がるのは敵の「行動1回」ごとに1段階。連続攻撃系の特技(さみだれ系など)を受けても1段階しか上がらない。
高レベル魔王撃破にやや有効。
この特技でテンションを上げ、ダークフォースの効果を上乗せしたマダンテを賢者4人で一斉に使う事で、Lv99デスタムーア撃破を確認。

秘伝書

入手方法

バトルマスター のページを参照

秘伝書の効果

「ダブルこうげき」
  • 通常攻撃した場合のみ、ダメージ判定が1回追加される
    • 攻撃モーションは1回分のみ
    • 通常攻撃であれば、はやぶさの剣やキラーピアスにも有効(ダメージ判定3回になる)
    • 追加された判定には、どくばりなどの即死判定もある
    • 特技では一切発生しない
  • 追加発生率は職業ごとに異なる。
    • レベルやきようさなどでは発生率は変化しない
    • 最も発生しやすいのはバトルマスターで20%程度
    • 逆に魔法使い、僧侶、賢者はほとんど発生しない