ドラゴンクエスト11攻略Wikiはこちら!
ドラゴンクエスト8(3DS版)攻略Wikiはこちら!

TOP

「棍」スキル

特技名SP称号MP範囲属性効果(備考)
棍そうび時こうげき力+103棍の使い手---装備時の効果をUP
足ばらい7棍ボーイ
棍ガール
0敵グ-敵1グループの足元をはらってすっころばす
棍そうび時かいしん率アップ13実力派棍使い
バトントワラー
---会心の一撃の出る確率をアップ(+3%)
黄泉送り22名人棍使い
バトン★トワラー
0敵単-ゾンビ系のモンスター1体に大ダメージ
通常の1.5倍のダメージを与える
棍そうび時こうげき力+2035しっぷうの棍使い
マジカル★トワラー
---装備時の効果をUP
なぎはらい42必殺の棍使い
ミラクル★トワラー
0敵グ-棍をふり敵1グループをなぎはらう
左端は通常攻撃と同威力、右に行くほどダメージ減
棍そうび時みかわし+4%58光の棍使い
シャイン★トワラー
---装備時の効果をUP
氷結らんげき76竜棍の使い手
ドラゴン★トワラー
5敵ランダム氷をまとった棍で敵をえらばず4回こうげき
ランダムな対象に氷属性で通常の0.3倍の威力の4回攻撃
棍そうび時こうげき力+3088棍マスター
バトンマスター
---装備時の効果をUP
全職業で棍装備可100棍王
棍の天女
---
天地のかまえ秘伝書-8自分-相手のこうげきを うけながしつつ なぐりかかる大技

スキル所見

転倒、カウンターなどディフェンシブな特技が揃う。
「なぎはらい」以外の特技は地味で、単体向け高威力技も無いが、の威力は結構高いので選んでみても良い。
「みかわし率アップ」があるのもポイント(持つのは棍と素手のみ)で、そこらの足装備よりは効果が高い。
素手もそうだが、このスキルによるみかわし率上昇は装備画面で表示・計上されない。

一番最初に修得するスキルが、とくぎではなく「こうげき力+10」。
ここまで振る分には、先々で棍を使わない場合でも、不要な特技が増えてとくぎ欄で邪魔になることが無い。
最序盤では+10でも大きく、3ポイントで済むので振ってみるのも手(もっとも、最序盤はスキルポイント3ポイントでも貴重という見方もあるが)。

とくぎ

「足ばらい」
今作では、1回休み系が有効でも浮遊している敵には効かなくなった。
そのため、類似特技「おたけび」「ボケ」の下位互換になってしまっている。
しかもどちらも武器を選ばず使うことが出来るうえ、「ボケ」は「会心のボケ」が出るなど、足ばらいのみ冷遇されている。
「黄泉送り」
ゾンビ系のモンスターは序盤からクリア後まで幅広く出現するので、活躍機会は多い。
棍の攻撃力の高さも相まって、頼れる特技の1つ。
「なぎはらい」
早い段階で覚えられるMP消費0のグループ攻撃と便利。
オノの「オノむそう」と同格。武器威力の関係でムチよりも高威力が期待できる。
「氷結らんげき」
ダメージ倍率がヤリのものと比べて低すぎて、氷弱点をつかない限りMP消費に見合わない。
棍で威力を求めるならとうこんの「無心こうげき」やきょくげいの「キラージャグリング」等を当てにしたほうがいい。
但し、まどろみのこんやゆめみのこんを装備して使用することで、眠りが効く敵(アトラスやゾーマなど)に追加効果を当てにする使い方もある。

秘伝書

入手方法

  1. スキルを30以上にする。
  2. クエスト071「黄泉送り」をクリアする。
  3. スキルをマスター(100に)する。
  4. クエスト072「あなたを想って」をクリアする。
  5. 「棍の秘伝書」を手に入れる。

秘伝書の効果

とくぎ「天地のかまえ」
使った1ターンのみの効果。反撃できるのは単発の物理攻撃のみで、痛恨の一撃とさみだれ系等の多段攻撃、呪文や息等の物理攻撃でない攻撃には対応できない。
スキルの「うけながしのかまえ」と比較した場合、必ず攻撃してきた相手に反撃する、棍でしか使用できない、消費MPが低いといった違いがある。
反撃ダメージはこちらの攻撃力に依存(通常攻撃と同じ)。
敵に狙われる確率を上げる為に、使用したターンのみ使用したキャラ以外を後列に回すこと。割と必須な戦術。
ピンチの時に「だいぼうぎょ」的な使い方も可能。
相手が自分に対して怒った時が有効だが、「くちぶえ」や「スポットライト」にターンを消費してまでやるのは微妙か。
呪文や息攻撃には効果が無いので、盾の「ミラーシールド」や扇の「といきがえし」を使用しておくとより安全。

棍関連